フォト

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

「SAVAGE MOON REMIXES」 - Free Upload! -

昨年発売されたプレイステーション用ゲームソフト「Savage Moon」のサウンドトラックをMurder Channelに馴染み深い面子がリミックスしました!
ゲーム内の楽曲とサウンドエフェクトを担当したのはMurder Channelにも出演してくれたUKのブレイクコア・アーティスト兼「Death$ucker Records」のオーナーである「Parasite」が担当しております。
Himuro Yoshiteru/Unuramenura/Freezer/Fourgram/ParasiteによるリミックスMP3を以下のサイトでなんと無料で配布しています!

非常に面白い内容となっておりますので是非チェックを!

SAVAGE MOON REMIXES
http://www.deathsucker.org/

気に入ったらお友達などにオススメしてください!ブログをお持ちの方は取り上げて頂けると非常に助かります!

現在「Savage Moon」はヨーロッパ/アメリカのみで販売されています。
日本国内での販売は未定となっており、この機会に日本盤でもリリースされる事を願っております。

SAVAGE MOON

Remixer

HIMURO YOSHITERU :
http://www.myspace.com/himuroyoshiteru
FREEZER
http://www.myspace.com/godod0079
UNURAMENURA
http://www.myspace.com/murder00channel
FOURGRAM :
http://www.myspace.com/fourgram
PARASITE
http://www.myspace.com/parasitexxxx

DJ Donna Summerインタビュー!!!

公開に1年以上立ってしまいましたが、この度編集を終えて公開します!
Jason氏とは2006年にDrumcropsと共に日本TOURを6都市7公演を一緒に回った中でして、その後も色々とお世話になっている仲です。とにかく彼は人柄が大変素晴らしく音楽への愛で溢れているナイスおじさんです。自身のレーベル「Cock Rock Disco」を運営し「Dev/Null」、「Glowstyx」、「Duran Duran Duran」、「Pisstank」などの名盤CD/12"を世に出すと共にCock Rock DIscoのWeb SIteではハイクオリティーなFree MP3を尋常じゃないスピードで配布しておりマイペースかつブレイクコア並びにアンダーグラウンドミュージックをサポートしています。
そんな彼の頭の中を少し除ける内容となっておりますので是非見てみてください~!

2007年9月某日「Cock Rock Disco」からリリースされたDJ DONNA SUMMER名義
では初のオリジナル・アルバム『PANTHER TRACKS』についてDJDS本人にメール
インタビューを行いました。

Q. ニューアルバム『PANTHER TRACKS』のテーマは何ですか?
この作品はブレイクコアだと思いますか?

テーマは楽しむ事!僕はGabber、Hardstyle Trance、Jumpstyle、
Baltimore Club Music、J-coreからとても大きな影響を受けていて、
そのテイストを生かした作品を作ろうと思ったんだ。
この作品は激しくて速いブレイクコアよりはノーマルかもしれないが、
ブレイクコアに通じる部分は沢山あると思うよ。

Q. 今のブレイクコアシーンについてどう思いますか?
貴方は2001年に最初の作品をリリースしていますが、
2007年の今ブレイクコアシーンは何が変わっていますか?

Breakcore is still great!!!
確実に世界中で成長しているよ。ブレイクコアのパーティーはヨーロッパ全体で
開催されるようになっているし ブレイクコアは確実に音楽のスタイルとして定着した。
最初の頃はみんな同じスタイルだったけど、今では多くのスタイルが生まれたね。
ダークでインダストリアルなスタイルや、よりドラムンベースに特化したスタイル、
トイっぽいハッピーなスタイル、テクニカルなサウンドやレイブ/テクノサウンド。
僕は全てのスタイルが好きだ。みんながジャンルやスタイルで食わず嫌いしないのを
願っているよ。

Q. ニューアルバムでも多くのレイブサウンドが見られ、レイブ・ミュージックに大きな
影響を受けているのが伺えますが、貴方が思うレイブ・ミュージックの魅力とは何ですか?

90年代のレイブ・ミュージックはとても興味深いよ。今でも物凄いパワーがある。
だからまた再びみんなにレイブサウンドに興味を持って欲しいと思う。
何故なら僕らが初めて レイブミュージックを聴いてから十分すぎる程時間が
経っているし、レイブサウンドは何時でも人々を魅了する力があると思うよ。

Q. 現在、沢山のブレイクコアアーティストがレイブシンセやサンプルを
使うようになって きていますが、レイブとブレイクコアは似た部分が
あると思いますか?

勿論!僕はそうだと思うし、他の人もそう思ってると信じている。
レイブサウンドはシリアスなサウンドでは無いけれど、パーティーの現場ではそれが
逆に良い作用を生むんだ。そう、レイブサウンドは常に皆をハッピーにさせる力があるんだ!
レイブを取り入れたブレイクコアはライブパフォーマンスに重点を置いていて、
シリアスでは無いけど、とても良いレスポンスがあるよ。
例えそれがチープなサウンドだとしても"本当のアート"と遜色が無いと思うんだ。

Q. いつから"DJ Donna Summer"と言う名義に変わったのですが?
また、"Jason Forrest"との違いも教えて下さい。

僕が作曲を始めた頃"Donna Summer"と名乗っていたんだ。
でも、4年前『Sonig』から初めてのCDをリリースした時に"Jason Forrest"と改名した。
その時のリリースはロックからのサンプリングが多かったんだけど、その後
ダンスミュージックやDJプレイに興味を持ち始めて、今はDJの時や自分の
トラックをプレイ する時に"DJ Donna Summer"の名前を使っている。

Q. 貴方の人生に影響を与えたレコードを10枚教えてください

それはとても難しいよ!10枚じゃとても足りないけど、これらは全てNO.1だ!

- Fear of a Black Planet- Public enemy
- Abbey Road- the Beatles
- White Light From The mouth Of Infinity – Swans
- Home is in your head- His Name Is Alive
- Hard Normal Daddy- Squarepusher
- Discovery- Daft Punk
- A Wizard, A True Star- Todd Rundgren
- Breakfast In America- Supertramp
- Combat Rock- The Clash
- Sign O the Times- Prince

Q 日本のシーンのイメージは? また、好きなアーティストを教えて下さい。

日本のBreakcore/Gabber/J-COREシーンには本当に影響を受けたよ!
多くの素晴らしいアーティスト達が沢山の素晴らしいトラックを作っている!

特に好きなのはDJ CHUCKY/WARST/OVE-NAXX/DJ TECHNORCH/DODDODO/M-project/REDALiCE/
KA4U/BUZZMASTA/t+pazolite/DJ SHARPNEL/BOGULTAにm1dy!・・忘れてしまったけど
まだまだ沢山いるよ!(笑) 日本のプロデューサーはとても愉快だし、日本のサウンドは
色々な音楽の要素を含んでいてとても素晴らしい。
沢山のスタイルの音楽からの多くの素材を使っていて奇抜な方法で面白い曲を作る。
僕は日本人専門のレーベル『MADDEST CHICK’NDOM』からリリース出来る事を
誇りを持っているよ!

Q. 最後に一言!

また日本でプレイする事を楽しみにしているよ!!

DJ DONNA SUMMER aka JASON FORREST@Murder Channel 2nd Anniversary(2006/tokyo)

Free MP3
DJ DONNA SUMMER - ROCK ROCK ROCK REMIXES -
http://www.cockrockdisco.com/CRD2/albumpages/Crockp3-007.html
DJ MIX
Night Mix - Feb 2009, by Dj Donna Summer
http://www.nightshifterslabel.com/NightMix-Feb2009.mp3

Web Site
http://www.cockrockdisco.com/
Myspace
http://www.myspace.com/djdonnasummer

インタビュー by UME from Murder Channel
テキスト by DJ CHUCKY

昨年末に大阪の「MADDEST CHICK'NDOM」より「Panther Tracks」の国内版がボーナストラック5曲追加して発売されています!
是非チェックを~!

アーティスト : DJ DONNA SUMMER
タイトル : Panther Tracks
レーベル : MADDEST CHICK'NDOM
品番 :MDSTCD-022
価格 :2,100円(税込)

01. Rock Rock Rock
02. Get Down
03. Ratpack
04. Boomshakalaka
05. Get The Fuck Off
06. Peepers
07. Such Language
08. Screaming Divas
09. Wonder Years
10. Party People
11. Toe Tag
12. I Got Ya
13. Rock rock rock(SOUNDBITES Remix)
14. Rock rock rock(t+pazolite Remix)
http://www.hardcoreosaka.com/

ドイツを拠点としてブレイクコアシーンを支える『COCK ROCK DISCO』のオーナー、JASON FORRESTが「DJ DONNA SUMMER」名義での初のリリース!年間100本以上のライブアクトから培われたフロアのリクエストを120%反映したフロアユース、そしてベッドルームでも楽しめる愉快なアルバムに仕上がっています。ハードスタイル、ジャンプスタイル等、ヨーロッパで流行しているジャンルを中心に、ガバ、ジャングル、レイブ、ハッピーハードコア、オールドスクール、ボルチモアブレイクス等の要素を只管マッシュアップした100000%オリジナルスタイルのハードコア!日本盤にはボーナストラック3トラックとボーナスリミックス2トラック収録!

New HxCx Style from Ninja Columbo!!!

「Deathchant」、「Rebelscum」などの名門ハードコア・レーベルから順調に作品をリリースしているUKのニュースタイル・ハードコアクリエイターの「The Teknoist」が運営している「Ninja Columbo」のWEB SITEがオープン!
所属アーティストである「The Teknoist」, 「Randomoidz」, 「Michael J Rocks」,「Scheme Boy」の音源を収録したフリーEPが現在WEB SITEでダウンロード可能になっています。是非チェックを!

http://ninjacolumbo.co.uk/

今後のNinja ColumboはCD/12"の他にもデジタル・リリースなども行っていくそうです。
エレクトロニカ~ブレイクコア~ドラムンベースなどを通過して今までに無かったスタイルのハードコアを提示している彼等の動きに非常に注目しています。

The Teknoist@Murder Channel vol 19(Tokyo/Heavy Sick Zero)

The Teknoist                                                           www.myspace.com/ninjacolumbo

2008 Best Recomend Disc!pt2

FFF (Planet-Mu/Wreck Havoc)
http://www.myspace.com/fff
↓↓↓
Galaxy Toobin' Gang - Galaxy Toobin' (Crème LP-07)
The Doubtful Guest - Acid Sauna (ZIQ189)
Bizzy B - Dubplates (DOPE CD 002)
Capslock - demo winter 2008
Rude 66 - The 1000 Year Storm (Crème 12-35)
Joey Beltram - The Scorpion EP (DC50)
the mover - invisible space
Tep - Pataquès (BR023)
Thiaz Itch - Binjoum (PRT005, BR022)
OVe-NaXx - Ovekeyashiki (fragment-801)
B.Slave - Down Under (KETA003)
picture picture - give love

PACHEKO (LoDubs/MASHIT)
www.myspace.com/pchko
↓↓↓
1.- Darkstar "squeeze my lime" (Hyperdub)
2.- The Bug "London Zoo" (ninja tune)
3.- Untold "Kingdom" (Hessle Audio)
4.- Dj Mujava "Township funk" (Warp)
5.- Clouds "Under the dancing feet" (Argon)
6.- Cardopusher "I need someone I can Imitate" (WOOD RECORDSl)
7.- Flying Lotus "Los Angeles" (Warp)
8.- Starkey "Ephemeral Exhibits" (Planet Mu)
9.- Rustie "Zig Zag" (Wireblock)
10.- Skream "Skreamism 5" (Tempa)

YOSH (SPROUT)
http://sproutdrop.blogspot.com/
↓↓↓
1.Limewax-Cracking Core(Technical itch VIP)
とにかく一つ一つの音がしっかりしていてここまで腹をえぐるような曲はないんじゃないかと。去年1番かけた気がします。他の曲との相性もばっちり。
Technical itchの音楽に対するストイックな姿勢を感じ取れる最高の1枚。
http://techitch.ithinkmusic.com/my-store/detail.php?page=LR&r=5147

2.Nanotek-Never Say Die
未だリリースがありませんが去年かなり聞きまくった曲の一つ。Therapy主宰Dylanもよくかけていたので聴いたことある人はいるはず。メタル魂を感じ取れる最高の曲でした。音圧凄過ぎなのでご注意を。
http://www.myspace.com/nanotek666

3.Medico-Bi-Poler Disorder
我らSPROUT期待の新生Medicoの最狂Track。Hardではあるが曲構成はシンプルなので使いやすい。途中で入る脅威のScreem voice、乱れうちBeatにやられました。オーストラリアのレーベルHell's Bassment RecordsからVinylリリースし世界各地でスピンされてますので是非Checkを。
http://www.myspace.com/medicomtm

4.Cooh-Adons
去年ぐらいからじわじわ赤丸急上昇中のブルガリア出身のCooh.一見シンプルに見えるTrackを絶妙なCoohらしさで見事に攻めてきます。中毒性のあるサンプリングやGabbaっぽい?BassラインなどHard Drum&Bass界に新たな衝撃を与えてくれました。
http://www.myspace.com/coohbg

5.Counter Strike&Mumblez-Sickness&Suffering(Donny Remix)
シネマティックでスリリングに攻めるDonny節全開の迫力のあるTrack。抜けの良い素晴らしい轟音Bassをたっぷり堪能できます。
http://www.myspace.com/futuresicknessrecordings

6.Gravity Zero-Minds Eye
大阪出身の2人組みTechnoid Drum&Bassユニット、Gravity Zero。僕が思うHardな音との相性が抜群に良く、かなりこの曲は使わせてもらいました。ニューロでTechyなDrum&Bassの世界観をここまで出せるのは日本では彼らだけでしょう。今後も期待していきます!
http://digitalvenom.digital-tunes.net/releases/life_minds_eye

7.The Panacea&Limewax-Operation X
巨匠Panaceaと神童Limewaxの良いところをぞんぶんに味わえる破壊Soundにやられました。とにかくスケールのでかさを感じれるTrackです。
https://www.beatport.com/ja-JP/html/content/home/detail/1/beatport#app=c745&a486-index=4

8.Current Value&The Dying Punks-Love All The People
Raiden主宰、OffKeyより注目アーティストのDying PunksとCVがタッグを組んだ危険な1枚。押し寄せるビートの破壊力とうねるBassの絶妙なマッチングが最高でした。https://www.beatport.com/ja-JP/html/content/home/detail/1/beatport#app=c745&a486-index=7

9.Limewax-Impaler
Therapy SessionsでBkeyがNanotekのNever Say DieとはめてMIXしていたのが鮮明に残ってます。Limewaxの音楽に対する幅の広さ、Hard Drum&Bassの奥深さを感じ取れた1枚。間違えてもJump Upではないのであしからず。
http://habit.ithinkmusic.com/my-store/detail.php?page=LR&r=3822

10.CentaSpike-Fearing Fear
彼の代表作の一つ。僕自身Metal Bandをやってたのもあり、こういうLoudでメタリックな曲は大好き。なかでもこの曲の完成度は他のものよりもぐんを抜いている感じがします。最近の曲も要check。
http://www.myspace.com/centaspike

Medico
http://www.myspace.com/medicomtm
↓↓↓
1.Limewax - One Of Them (Current Value Remix)
2.Donny - Serach & Destroy
3.Medico - Substance Dependence
4.Audio - Error
5.Cooh - Duuure
6.D.A.V.E. The Drummer - Hydraulix 9 (Proket Remix)
7.Technical Itch feat. MC Jakes - Life of Sin (Gein Edit)
8.Noisia - Stigma
9.eRRe - Elektro Gazpacho
10.Current Value feat. Snow - Edge of Dreams

1:今のHard DnBスタイルを築いたLimewaxとCurrent Valueの組み合わせ。
強烈でオーソドックスで分かりやすいメロディーのイントロから入り、突然スピーカーをブチ破らんばかりの乱れ撃ちビートが始まる。かつてない一発一発の重さがまさに今のHardスタイルと言えるだろう。DieselboyやEvol Intentのような比較的overgroundなアーティストにも良く使われるため、ジャンルやスタイルを越えた本物の音がこの曲にはある。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=LOST07

2:Lime、CVに次いで頭角をあらわして来たDonnyによる実験的なスタイルが強烈に響く一曲。
180BPMのドラムンを半分の90BPMのようにビートを刻むハーフステップというスタイルをHard路線で確立したのはこの曲だといえるはず。とにかく一打の為に全音域を使うその姿勢は良い意味で狂ってる。
進化し続けることこそ音楽の本質だと思える一曲。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=BWARE004

3:自分の曲。自分が今ハマっているHard DnBとTechnoidというスタイルを混ぜてみた曲。
とにかくやはりいかにビートを際立たせるかが今の全体の潮流として感じられ、自分もそれを求めているのである意味必然的に出来た曲。混ぜてもあまり違和感の無い四つ打ちのようなビート感でまとめてみた。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=HBRV006

4:Hard界の癒しの存在、Audio。つまり凄く曲がはめやすくてしかもカッコいいという事。
ただこの曲辺りからかなり変な事もやり始めてしまっている。この独特な跳ねるようで切れ味のあるビートは聴いたらマサイ族になってしまうだろう。オーソドックスなDnBもまだまだ進化の余地はある事を提示してくれた非常に才気溢れる一曲。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=OKLP001

5:GabbaとDnBのコラボを許される唯一の人物Cooh。
この曲はまさにそれを体現している。一見安易に思えるが、Coohの場合はそこにちゃんと自分の臭いを漂わせ、ただ組み合わせただけではないというのが聴いてとれる。これに限らず最近Coohは非常に精力的に活動していて、そのスタイルも様々で個人的に今一番注目してるアーティストだ。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=PC069

6:Technoの大御所D.A.V.E. The DrummerのHydraulix 9をProketがRemix。
このProketはTechnoidというスタイルの火付け役と言える。
TechnoidとはTechnoサウンドを全面に押し出したなんとなく近未来っぽいDnB。
この曲はその疾走感や無機質な圧力が詰まっていて非常に完成度が高い作品。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=SUBS004

7:言わずと知れた巨匠Technical Itchの名曲のGein Remix。
今のHardスタイルも全てTech ItchがDnB黎明期から支え続けたポリシーあっての賜物。何は無くとも自分のヒーローはこの人です。Geinはアメリカらしいゴツいサウンドが持ち味の三人組。
その持ち味と原曲の荒々しいMCや強烈なベースが酷くマッチして相当テンション高く仕上がった名曲。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=6543343

8:今やその活動はDnBにとどまらず、その才能をいかんなく発揮してるNoisia。
おそらく今一番クオリティ高くてどうやっても真似できねー!!って音を作ってるのはNoisiaとTech Itchだと思う。この曲は展開、音色、ビート、どれをとっても完成度が高く盛り上がらないわけが無い、ある意味洗脳的な一曲。
http://www.chemical-records.co.uk/sc/servlet/Info?Track=VSN007

9:ちょっと変り種で非常に変態的なサウンドを作っているeRReによる一曲。
これは好き嫌いが激しくでそうだけど、上手くノイズやエレクトロニカ成分をDnBに取り入れてまとめてあって本当に面白く出来上がってる。他の曲と混ぜると抜群に映える辺り、その地力は計り知れない。
http://www.myspace.com/errekerre

10:結構CVは歌物が好きらしく、その中の一曲。
でも歌物の癖にドラムとベースの主張が凄すぎて完全にハードコア。
ただトランシーなだけじゃ終わらない辺りがさすが、ツボを突いてくる感じ。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=54339392

2008 Best Recomend Disc!pt1

2009年も3ヶ月が過ぎましたね。
と言うわけで!2008年の名作を聴き返すにはまだ遅くない!なので今更ながら2008年ベストディスク・アワードを発表!
今回は多数の素晴らしい耳の持ち主達にご協力して頂きました!皆さんのチャートを見て気になった作品があったら聴いてみてください!きっと貴方の耳を満足させる作品があるはずです!
特にYOSHさん、MEDICOさんのお二方によるチャートは是非ともブレイクコア~ハードコア・テクノ~スピードコア好きの方にはチェックして頂きたい!今の全ハードコア・シーンの中で一番熱く危険なハードコア・ドラムンベースの全貌が少し垣間見れます!

では最初に私から!

UME (Murder Channel)
↓↓↓
Cardopusher - Unity Means Power (Murder Channel Rec)
The Bug - London Zoo(Ninja Tune)
Broken Note - Fueling The Fire EP(Damage)
Kanji Kinetic - Bakemono EP(Subgrade Records)
Scorn - Super Mantis Part 1(Combat Recordings)
OVe-NaXx - Ovekeyashiki(De-Fragment)
Maga Bo - Archipelagoes(Soot)
DJ Producer - Oldskool Hardcore Revival 2008
Otto Von Schirach - Oozing Bass Spasms(Cock Rock Disco)
Kettel - Myam James Part 1(Sending Orbs)
RoughSketch and 臨界モスキー党 - 印度のソバ屋(NOTEBOOK)
Dokkebi Q - Japan Tour EP(3Q REC)
Oigoru - Borsha Kaal Breaks(High Contrast Recordings)
Broken Note - Crux / Zealot(Ad Noiseam)
South Rakkas Crew - Mad Again(Mad Decent)
The Teknoist - Like A Hurricane Made Of Zombies(Ad Noiseam)
Hellfish - Now Thats What I Call Hellfish Vol 2(Deathchant)
Starkey - Ephemeral Exhibits(Planet Mu)
Kochitola Haguretic Emcee's - Hagulife (KSR)
DJ Donna Summer - Rock Rock Rock Remixes(Cock Rock Disco)
The HeatWave/Beenie Man & Wiley - Rolex It Up(The Heatwave Refix)
Hostage - Shake It EP(Nightshifters)
大槻ケンヂと絶望少女達 - かくれんぼか鬼ごっこよ(キングレコード)

「Boy 8 Bit」や「Machine Don't Care」、「Hostage」などの所謂フィジット・ハウス?な物に感化されました。
僕が思うブレイクコアと言うのは様々な文化の情報を詰め込んで聴きての意識をオーヴァードーズさせる危険な音がブレイクコアだと思うのですが、此処最近のフィジット・ハウスには同じ感覚が個人的にはあるんじゃないかな~と思っております。
昔からエレクトロなダンスホールのオケを作ってた「South Rakkas Crew」によるシングル「Mad Again」は素晴らしかった!
あと「BROKEN NOTE」にはやられましたね~。eddieって24歳(同い年!)の子が作ってるのですが、サウンドプロダクションがプロの領域に達しています。
しかもBROKEN NOTE以外にも「16BIT」「Kindakapa」などの名義でも12"をリリースしまくってます。
そしてやっぱり「CARDOPUSHER」の成長っぷりにもやられた!尽きることの無いアイディアを素晴らしい技量でリリースしてます。ダブステップ界隈でも正当な評価を得てきて嬉しい限り!
何より彼のアルバムを自分のレーベルからリリース出来て嬉しかった。試行錯誤して作っただけに良い作品が出来上がりました。

GEODEZIK (Basix)
www.myspace.com/geodezikbasix 
↓↓↓
Black Moth Super Rainbow / Drippersの国内盤
Blipvert / Stop:Skronk:Explode !
Byetone / Death of a typographer
Max Tundra / Parallax Error Beheads You
Perfume / Game
Saitone / Overlapping Spiral
Tobacco / Fucked up friends
Unicorn Dream Attack / Love Bits
Zomby / Where were U in`92 ?
超順不同。

ダントツで素晴らしかったのが、マックス・ツンドラ。
初めてベン・フォールズ・ファイヴを聞いた時の感覚になった。
20年に一枚出るか出ないかの最高のポップ・アルバム。
しかし!ジャケが最低!ついでにこの一枚丸ごとのアコースティック版を希望!
ラスターノートンはレーベルごとアート臭さが抜けてて聞きやすかった。
バイトーンは良く聞いた。 サイトーンはやっと出たという感じ。匠の技ですな。
意外にもパフュームにハマった。「ポリリズム」ってこれは凄いキラーチューンですよ。あまり彼女達に予備知識が無かったのが幸いしたのか、素で聞けたのがラッキーだった。「マカロニ」も素敵!
ブレイクコア珍種が出現!ブリップヴァートがDトラッシュからフル・アルバムを出したというのも含め。ハイスピード・コラージュデリカ!
ゾンビーはさぁ~、ぶっちゃけタイトルがズルい(笑)。オッサンを泣かせてどーするよ!内容もバルチモア・ミーツ・グロウスティックスで良かった。
他の作品は、俺にとっては「テクノポップ」って感じで。毎年こういうのを聞かないと気が狂う(笑)。
その年、その年で安定剤的な「テクノポップ」を探すのはライフワークなので。
ブラックモスは、何か今有名プロデューサーをつけて方向性の全く違うアルバムを制作中。つまんないサイケ・バンドになっちまわない事を願う。

以下ブツクサ。

アマゾンの実店舗を新宿あたりに出来たらいいのになーと思う。24時間営業で。だって音楽と本はムラっとくるから買うワケで。ネットじゃあつまんね~よ。ユニクロが多すぎるから、何店舗か潰して(笑)。
百貨店も、存在意義が無いのも等しいので思い切ってやっちゃいましょうよ!
その店舗内でクラブもあって、期間限定ショップもアリで。別にアマゾンじゃなくていいけど。
とにかく都心にクソデカい、何でも買える店があんの。日本の企業、総コラボ!

去年はやたらと、ミニ機材のリリースも多かった。
カオシレーターやらDS-10とか。大人の科学のシンセにスタイロフォームの復刻版etc,etc... 何か陰謀を感じた。買ったけど(笑)。
ファッションの人で、ジョン・ガリアーノのコレクションで「オーサカ・ボーイ・ミーツ・ゲームボーイ」(正確ではありません)というのがあり、エクストリームに派手でゴチャゴチャしてて、新聞で見ただけなんだけど、アガりまくりました。
チップチューンがセレブ・ファッションに影響を与えたのか!?だとしたらサイコー!
ミュージック・マガジンで一人で毒吐きまくりの保母大三郎というライターには、もっとレビューの場を広げてもらいたいDEF!
あんな文章許されないよ!○オノギ製薬って!どんな例えよ!キケン過ぎでよく分かんない。
「噂の真相」亡き現在、ドキドキ感を最も感じる。やっぱ雑誌ってビビっとクルよ。ネットでは味わえない感覚が確実にあります。
個人的にビビったのは、あんまモノとしてのCDを欲しい!って 思わなくなった事。だったらTシャツ欲しいしぃ~みたいな。
でも、去年初めて利用し始めた「ディスコグス」でダイナミクスⅡとか90年代後半の激レア・シットとかは数枚ゲットした。
そういう、苦労して手に入れたモノって大事にすると思う。単純なハナシ。
後は、ロープライス、ハイクオリティーの80`Sファッション・アイテムのリリースには期待してます!
ガジェット感覚の身に付けるモノって個人的にはかなりマスト・アイテムなんで!

あっ!そうだ!マンガは凄い事になりすぎ!
「フリージア」、「鈴木先生」、「ギャンブルフィッシュ」、「ドロヘドロ」、
まだまだあるんだけど、思い出せません。
すみません、ダラダラと。

DJ DONNA SUMMER aka JASON FORREST (Cock Rock Disco)
www.myspace.com/djdonnasummer
↓↓↓
Top stuff of 2008:
1. Running - this is the year I started to get get fit!
2. iPhone - this is the year i got an iPhone, and it's gonna play a big role in my life next year
3. Berlin - always awesome, always fun.

My Top 2008 Albums:
Deerhoof- Offend Maggie (even though I really hate 5 of the 14 tracks)
Beck- Modern Guilt (this record is REALLY GREAT! I'm blaming Danger Mouse for the comeback)
Eine Kleine Nachtmusik (this won me over in a BIG way!)
Portishead - Third (prob the only "classic" record out this year)
Otto von Schirach -Oozing Bass Spasms ( I know I released this, but I really like it tooo!)
Radiohead- In ranbows (prob the only other "classic" record out this year)
Squarepusher - Just a Souvenier (I know it's largely fushion jazz, but his hitsreallt stuck to me)

Top club tracks:
Baggy Bottom Boys - Jokers Of the Scene
The Chase - Rob Threezy
A Milli- Nadastrom
Afrojacker - Machines don't care
Mustard Pimp - Oh La la Satan (such a top tune!)
You Bad- Threezy
The Slave - Hostage
Jack Got Jacked - AC Slater
Jack Got Jacked - Jackbeats remix
Who's that - Jack Beats
Runark -Congorock remix by JOTS
Black Strobe - Curcuit Freq
Big Breath- Rampage
That sort of "arabic" Laid Back Luke Ep
Raven- Proxy (Live rip of the track ONLY)
Letting Go - Andy George remix
Rooted - Hostage
Moving it over here - Foamo
Stereoheroes- Washout

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »