フォト

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

Murder Channel ニューリリース!MURCD-031 - BONG-RA - On Your Knees, Motherfucker! 12/5全国発売!

最近ではLimewxとThrasherとのユニット「The Hard Way」での活動やPRSPCTからのアルバム・リリースなどでハードコア・ドラムンベースシーンでも絶賛されているブレイクコア・シーンの大物アーティスト「BONG-RA」が2003年にリリースした超名盤アルバム「Bikini Bandits, Kill! Kill! Kill!」のセルフリメイクEP「On Your Knees, Motherfucker!」」のCD版がMurder Channelからリリース決定!
LPとデジタルリリースはPRSPCT Recordingsから11月後半にリリースされ、CD版はボーナストラックを追加して12月5日に全国発売致します!
そして、12月1日のMURDER CHANNEL Vol.26@渋谷LOUNGE NEOにて先行販売も決定致しました!いち早くゲットされたい方は是非、12月1日のMURDER CHANNELでゲットしてください!

10年前にリリースされたBikini Bandits, Kill! Kill! Kill!は当時僕も聴きまくって衝撃を受けまくりました。その後にリリースされたリミックス集の「Breakcore A Go-Go! - The 666MPH Remixes」や「Renegade Bubblin'」にも凄く刺激を受けて、ブレイクコアというジャンルに本格的にハマりだしたきっかけでもあります。時が立って、まさか自分のレーベルから10周年記念版をライセンスしてリリースするとは夢にも思いませんでした。この作品をリリース出来て本当に光栄です!

今作は久々にBONG-RAのブレイクコアサイドが堪能出来る激ハードな内容となっています!ブレイクコア好きもハードコア・ドラムンベース好きも皆納得出来る最高のEPになっています!
EPから666MPHのPVが公開中ですのでまずは是非ご視聴を!!!

_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

Murcd031_bong_ra

メタルからレイブミュージック、ジャズからレゲエ、ノイズ、ハードコアテクノまで自由自在にジャンルをミックス、圧倒的なオリジナリティーとハードコアなスタイルで日本でも人気のブレイクコア・アーティスト「BONG-RA」。超名盤アルバム「Bikini Bandits, Kill! Kill! Kill!」をセルフリメイクしたEP「On Your Knees, Motherfucker!」のCD版がMURDER CHANNELからリリース決定!

2003年にリリースされたBONG-RAの2ndアルバム「Bikini Bandits, Kill! Kill! Kill!」は、サンプリングベースだった当時のブレイクコア・シーンでは珍しく、MCやボーカリストとのコラボレーションを大胆にフィーチャー。ジャングル、メタル、ヒップホップ、ダブを飲み込んだハイブリッドサウンドで、その後のブレイクコア・シーン、そして世界中のアンダーグラウンド・シーンに与えた影響は計り知れない名盤中の名盤。ブレイクコアというジャンルを広く世に知らしめた貴重なアルバムである。

そして2013年、リリースから10年目を迎えてアルバムの中から厳選された名曲達がBONG-RA自身の手によって更にパワーアップ!新たなキラーチューンとして生まれ変わった。

ビデオ・クリップがMTVでもヒットし、YOUTUBEでも70万回再生というBONG-RAの代表曲「666MPH」、日本でも大人気のミクスチャーバンド「SKINDRED」、「Dub War」のボーカル「ベンジー・ウェッブ」が変名の「The Dirty Dread」名義で参加したRaggacore(ラガジャングル+ブレイクコアの融合ジャンル)アンセム「Dub Murderer」、「Blood & Fire」、長年に渡りオランダのヒップホップ・シーンを支え続けるMC/プロデューサーの「Mike Redman」が参加した「Can You Dig It?」の4曲がセルフリメイクされ収録。

さらに、BONG-RAに影響を受けたと公言している注目の若きクリエイター達がリミックスで参加!昨年リリースされたデビューアルバム「Beat The Drum Hard」でハードコア・ドラムンベースシーンに衝撃を与え、現在最注目のユニット「Sinister Souls」、Murder Channelからデビューアルバム「From The Earth To The Skyscrapers」をリリースして日本でも話題となっているブレイクコア・シーン期待の新人「Gore Tech」、同じくブレイクコア・シーンの最前線で活躍しているフランスの「Stazma The Junglechrist」が参加!

アーティスト : BONG-RA
タイトル : On Your Knees, Motherfucker!
レーベル : MURDER CHANNEL
品番 : MURCD-031
発売日 : 12月5日
価格 : 1575円(税込)

Track List

1. 666MPH
2. Can You Dig It?
3. Dub Murderer
4. Blood & Fire
5. Can You Dig It? [Sinister Souls RMX]
6. 666MPH [Gore Tech RMX]
7. Dub Murderer [Stazma The Junglechrist RMX]
8. Korgoth (CD Bonus Track)

BONG-RA

Bongra

ブレイクコア・シーン創世記から活動を行い、シーンの中核に鎮座するブレイクコア・アーティスト。90年代初頭よりデスメタルバンドの「Bluuurgh」、ドゥームメタル/ストナーロックバンドの「Celestial Season」といったアンダーグラウンドでは伝説的なバンドのメンバーとして活躍し、96年からソロプロジェクトとして「BONG-RA」の活動を開始する。

ブレイクコアをベースにジャズ~グラインドコア/メタル~レゲエ/ダブなど様々なジャンルを吸収し、全く新しいレベルのミュージックを作り上げ、『Djax-X-Beats』、『Planet Mu』などから作品をリリースしながらも、自身のレーベル「CLASH」、「KRISS」を設立し積極的にブレイクコアトラックをリリースし続けている。 現在までに5枚のアルバムと20枚以上のシングルをリリースしており、Venetian Snaresとのスプリット作やGlowstyx、Killahman Machineなどの変名でも作品をリリースしている。

BONG-RAの人気はブレイクコア界隈だけには留まらず、「The Kilimanjaro Darkjazz Ensemble」、「The Mount Fuji Doomjazz Corporation」などのジャズ、ダークアンビエントを主体としたバンドのメインコンポーザー兼ベーシストとしても幅広いリスナーから支持を受けており、トレント・レズナー(NIN)からも絶賛されている。近年ではDOPE DODへの楽曲提供、SOLE(ANTICON)、Igorrrとのコラボレーション等、ジャンルレスな活動も高い評価を受けている。
現在はハードコア・ドラムンベース/ダークステップ・アーティストの「Limewax」、Prspct RecordingsのオーナーでもあるDJの「Thrasher」とのユニット「The Hard Way」のデビューアルバムを制作中である。

12/1 - MURDER CHANNEL Vol.26@LOUNGE NEO - 出演者紹介

Fly101
いよいよ一ヶ月を切りました!XANOPTICONの初来日に加えて、ニューアルバムをリリース後のUS TOURを終えたばかりのMELT-BANANAによるLiveやDJ WILD PARTYによるクラシック・ブレイクコアセットなど見逃せないアクトばかり!しかも、20歳未満は1000円+1Dでご入場頂けます!17:00から終電まで!是非遊びに来てください!!!

MURDER CHANNEL Vol.26
2013/12/1(日) at 渋谷 LOUNGE NEO
http://loungeneo.iflyer.jp/venue/
Open&Start:17:00
DOOR 2000YEN (1D) W/F 1500YEN (1D) UNDER20 / 1000YEN (1D)*当日キャッシャーにて身分証をご提出ください

act

XANOPTICON (Hymen/Peace Off) from US
http://www.xanopticon.com/
MELT-BANANA
http://www.geocities.jp/azaplink/mb/mxbx.html
Quarta330
https://soundcloud.com/q330
DJ WILD PARTY
https://soundcloud.com/dj-wildparty
DJ TECHNORCH
http://www.technorch.com/
3x6
https://soundcloud.com/kozi3x6
Miii
https://soundcloud.com/miii
Matic-Log
http://d.hatena.ne.jp/matic-log/

Xanopticon

XANOPTICON (Hymen/Peace Off) from US
2000年初頭から 活動を始め、01年にフランスの名門ブレイクコア・レーベル「Peace Off」からEiterherdとのスプリット12"でレコードデビューを果たし、02年には「Mirex」と「Tigerbeat6」から7"レコード を立て続けにリリースし頭角を表す。そして03年にドイツの「Hymen」から今も語りづかれている名盤アルバム「Liminal Space」をリリースし世界中のブレイクコア・リスナー、そして全エレクトロニック・ミュージック愛好家達に衝撃を与える。細部まで作りこまれたインダ ストリアルな電子音と突き刺さるようなハードコアなビート、ブレイクコアやIDM、ドリルンベースなど様々なエクスペリメンタル・ダンスミュージックを飲 み込んだ唯一無二の楽曲はポスト・ドリルンベースとも称され、その後のブレイクコア・シーン、そしてエレクトロミュージック・シーンに与えた衝撃は計り知 れない。

その後はPeace Off傘下の「Mutant Sniper」からの12"レコードのリリースやAgoraphobic Nosebleed、Enduserへのリミックス提供、Cock Rock Discoのコンピレーション参加などで常にオリジナリティー溢れる最先端なブレイクコア・サウンドでリスナーを魅了してきた。
07年には 「Zhark International」から12"レコード、「Thac0 Records」からDJ Hidden、Duran Duran Duranがリミックス参加した12"レコードをリリース。少しの沈黙期間を置き、11年に自身のBandcampにてLive音源 「Live@Sosimple/Darkmatter」を発表。そして今年に入り、Murder Channelからリリースされた東京のマシーングラインドコア・バンド「deathcount」のアルバムにリミックス参加する。

現在はライブ活動を中心に楽曲制作も進めており、Duran Duran Duranとのコラボレーション楽曲の制作などもおこなっている。
デビュー当時からほぼ毎年アメリカやヨーロッパをツアーで回っており、ライブの評価がブレイクコア・シーンのアーティストの中でもトップクラスと言われている。

Meltbanana

MELT-BANANA
Melt- Banana(メルト・バナナ)は、1993年に、Yako(ボーカル)が東京で結成し、これまでに国内外のファンや、様々なアーティストから多くの支持 を得ている。これまで、4ピース・バンドとして1300回程のライヴを行っていたが、Melt-Bananaとしてのサウンドの更なる進化を求めて、 2012年からYakoとギターのAgataによる2人編成のライヴを行っている。そして、2013年10月1日に待望のニューアルバム"Fetch"をリリースした。

Quarta330

Quarta330
Hyperdub(UK)に所属。Flying Lotus(Warp Records)へのリミックスの提供をはじめ、Thom Yorke(RADIOHEAD)、Mouse On Mars、Ministry of Soundのミックスに収録されるなど。2010年ハートキャッチプリキュア!との出会いを契機にSonarSoundTokyo2011への出演を果たす。その後、休息期間と称し、日本国内を中心とした活動の中で女の子同士の行き過ぎた友情を描いた成人向け美少女ゲームとの邂逅を果たし再び活動の場を世界へと、その目を向けたのであった。

Dj_wild_party

DJ WILD PARTY
18歳でキャリアをスタート。当初のブレイクコアから徐々にジャンルの幅を広げていき、頭角をあらわしていく。DOMMUNEのプログラム『MP3 KILLED CD STARS』出演時に、エレクトロ、ヒップホップ、アイドルポップ、アニソン、ゲーム音楽、ブレイクコア、歌謡まで貪り尽くすウルトラ・ボーダーレスなDJを披露し一躍注目を集める。
2012年に入ると3月に自身の初メジャーリリースとなる『MOGRA MIX VOL.1 mixed by DJWILDPARTY』をEMIよりリリースする他、7月にはLAで開催されたANIME EXPOに出演し2000人のオーディエンスをロックし大きなニュースとなった。
その後、覆面ユニット、OL Killerに電撃加入を果たし、FUJI ROCK FESTIVAL 2012に出演。さらに香港で開催された秋葉東京に参加するなど、その活動を世界へと広げている。
DIGITALISM、石野卓球、RASMUS FABER、DJ JIN(RHYMESTER)、☆TAKU TAKAHASHI、flipside、川田まみ、Lyrical school、私立恵比寿中学など、ジャンルレスにグローバルにアーティストとの共演を実現。
2013年にはクラウドファンドで資金を募った気鋭のネット系クリエイターたちの音源を使ったDJ MIX『Emotional Joint』、EDMをテーマに海外のクリエイターたちに国内若手トラックメーカーたちが挑むDJ MIX『VS.【versus】』をリリース。聴き手の価値観を押し広げ、新しいジャパン・ カルチャーの伝道師になることが期待される若手№1の超新世代 として大きな注目を集めている。

Dj_technorch

DJ TECHNORCH
999 Recordingsを運営。Murder Channel Records (JP), Cock Rock Disco (US)に所属。
その活動範囲は秋葉原MOGRAからCLUB CITTA’新木場Studio CoastでのDJ/Live活動をはじめ、代表作に「内閣総理大臣賞」「BOSS ON PARADE」を持つ。
GABBER KICKと他ジャンルの融合を目指したHARDCORE TECHNO POPを実践し日々活動中。

Miii

Miii
1992年生まれ、東京在住。2004年より楽曲制作を開始し、青春時代を宅録、トラックメイクに費やす。Breakcore、Bass Music、そしてJ-Indie Rockを通過した彼ならではの変幻自在のサウンドを特徴とし、2012年5月には日本のネットレーベル最大手であるMaltine Recordsより"Rabbitbass EP"をリリース。現在アルバム制作中。

3x6

3x6
Darkstepのプロデューサーにして日本唯一のHardcore Drum&Bass Party、 “Sprout”のオーガナイザー。 メタルコアバンドのヴォーカリストとして音楽活動をしていたが 2007からDrum & Bassの地に足を着け, 現在の”3x6”の名義でプロデュース/DJ業を開始する。 オリジナルトラックにはアニメやゲームからの サンプリングを使用したものが多く、 “SUBROC RECORDINGS”という自主レーベルで 同人音楽活動もしており ナードミュージック/オタクカルチャーの中でもその存在が国内外で評価されている。近年ではForbidden Siciety(チェコ)、Donny(UK)といった世界の大物プロデューサーとも親交があり自身のパーティーへ招聘。さらには国内最大手であるクラブカルチャーライブストリーミングサイト"DOMMUNE"の番組に生出演、DJプレイを延べ1万人以上の視聴者に披露した経験もあり、国内のハードコアベースミュージックシーンにおいて多大な影響力を持ち始めている。

Maticlog_2

Matic-Log [MHz inc.]
BLACK SMOKER RECORDS・MURDER CHANNELの各種アートワーク&デザインを手がける。オーナーを務めるGHz music storeのセレクトを中心としたインダストリアルかつヘビーなDJ SETが特徴。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »