フォト

« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »

MURCD-033 / DJ Skull Vomit - Ritual Glow 10月30日全国発売決定!

Cover   


________________________________________________________________________________________________

ブレイクコア × グラインドコアの伝説的ユニット「Eustachian」のメンバーであったTony Welterによるソロユニット「DJ Skull Vomit」のデビューアルバムが完成!インダストリアルな超高速ビーツにメタルギター、デスボイス、スクリーミングが合わさったミクスチャー暴君サウンド!

先日、22曲を収録したグラインドコア・アルバム「22 Ways To End A Party」をフリーで発表し、世界中のエクストリーム・ミュージック好き達を悶絶させる。また2014年5月には初来日公演を果たし、DOMMUNEにも出演。数千人の視聴者に衝撃を与えたDJ Skull Vomitが待望の1stアルバムを日本の「MURDER CHANNEL」から独占リリース!

最新のスタジオワークや外部アーティストへ提供したリミックス音源、未発表曲、過去にレコードやデジタルでのみ発売されていた楽曲を新たにマスタリングし、破壊力抜群の楽曲を纏めたデビューアルバムに相応しい内容となっている。
ゲストにはModeselektorとのコラボレーションやMonkeytownからリリースしているマイアミの奇才ベースミュージック・アーティスト「Otto von Schirach」、Venetian Snareとの共作アルバムやdrenalin O.D.やPhantomsmasherでの活動でカルト的な人気を誇る「Speedranch」が参加!

ギターやドラムなどの生楽器に加えて最新のソフトウエアを駆使し、ブレイクコア、ドラムンベース、ダブステップ、ハードコアテクノなどのダンスミュージックや、グラインドコア、ドゥームメタル、ノイズミュージックまでもを飲み込み、バンドサウンドとダンスミュージックの過激な部分のみを抽出してミックスした超ラウドな楽曲。マシーンビートの打ち込みバンド!?とすら錯覚する程その絶妙なミクスチャーパーセンテージが双方のリスナーを満足させること間違いなし!!

アーティスト : DJ Skull Vomit
タイトル: Ritual Glow
レーベル: MURDER CHANNEL
品番: MURCD-033
フォーマット: CD
価格: 1500円(税抜)
発売日: 10月30日

Track List

01. Intro
02. Bell Tower Massacre
03. Antigoon
04. Ritual Glow
05. Gore Tech - Heretic (DJ Skull Vomit Remix)
06. Funeral Class (feat. $peedranch)
07. Jacinthe
08. Daphne
09. Deathcount - The Iron Rods (DJ Skull Vomit Remix)
10. Dark Tarzan (feat. Stazma the Junglechrist) 
11. Bong-Ra - Dawn of The Megalomaniacs (DJ Skull Vomit Remix)
12. Swamp Bitch (feat. Baseck, Otto Von Schirach & Surachai)

以下のお店様では初回特典としてOZIGIRIとMiiiが参加した「Ritual Glow Remixes」が付いてきます!

TOWER RECORDS (池袋/新宿/渋谷/秋葉原)
http://tower.jp/?kid=pls&gclid=CjwKEAjww8eiBRCE7qvK9Z7W_DgSJABfOjf2ZwLv0iiYob3MogM7JJKgZBiQJg_uACK4_pdqMh20CRoC1anw_wcB&device=c
GHz music store
http://ghz.shop-pro.jp/
ヴィレッジヴァンガード高円寺
http://www.village-v.co.jp/shop/list/detail/?code=272
GUHROOVY
http://www.guhroovy.com/
Dub Store
http://www.reggaerecord.com/
Jar-Beat Records
http://jar-beat.com/
あきばお~こく
http://www.akibaoo.com/index.html
eARS
http://www.ears.jp/index2.html

________________________________________________________________________________________________

DJ Skull Vomit

アメリカはサンフランシスコ出身のTony Welterは10代の頃からパンクバンドのドラマーとして活動を始め、90年代終わり頃からPCによる楽曲制作も開始する。
2000年にJohn Rocheと「Eustachian」を結成、ブレイクコア/エレクトロニカ/IDMとグラインドコアをミックスした驚異的なスタイルでアンダーグラウンド・シーンにて壮絶な支持を受け、Napalm Death、Machine Drum、Genghis Tronへのリミックス提供などでジャンルを超えて話題を集める。自主レーベル「Fathme Records」から作品をリリースしながらもAd Noiseam(ドイツ)、Death$ucker(イギリス)、Upitup(イタリア)、Minime(デンマーク)など様々な国から12"/7"レコードをリリース、Daly City Records(アメリカ)、Murder Channel(日本)のレーベル・コンピレーションにも参加し、その圧倒的な楽曲のクオリティーで世界中のリスナーから支持を受けていたが2010年に惜しまれつつもEustachianは解散する。(その後、EustachianとしてリリースしていたアルバムやEPは現在全てフリーダウンロードで公開されているので是非チェックを)

その後、Tony Welterはブレイクコア/グラインドコア・プロジェクトの「DJ Skull Vomit」とデス・ステップ・プロジェクトの「Singaya」の2つの名義で活動を開始。2010年には初の音源「DJ Skull Vomit Vs. Singaya 」を発表し、Dour Festival、Tribes Festival、Bangfaceなどの大型フェスティバルにも出演。2012年にはDJ Skull Vomit名義では初の単独EP「Welter Skelter」を発表。EDMを風刺した超過激なジャケットも注目を集めた。2013年には日本のサイバーグラインドコア・バンド「deathcount」とブレイクコア・シーンのトップアーティスト「Bong-Ra」のリミックス作品への参加、Ladyscraper、CHEEZFACEとの大規模なヨーロッパツアーを成功させた。そして、遂に待望のフルアルバム「Ritual Glow」を日本の「MURDER CHANNEL」からリリース。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »